じょんのかがく喫茶

厳選された至福の1杯いかがですか?

肌をプルプルにしたいならまず納豆を食え

スポンサーリンク

 

いらっしゃいませ!
今日もいいもの用意しときましたよ!

 

 

 少しづつ、乾燥してきましたね…… 季節の変わり目は肌が荒れるという人も多いんじゃないでしょうか? 少しでも肌荒れを防ぐために念入りに保湿したりしている人も多いのでは? さて、今日はそんな肌に内からアプローチしてみようという話です。調べていると、納豆がとんでもなくいいということがわかってきました。

(いらすとやで画像探していたらこんな謎のキャラクターが出てきて驚きました笑 水戸黄門の顔に形が茨城。こんなイラストもあるんですね~)

 

納豆の始まり

 納豆とお肌の秘密に迫る前に納豆の生い立ちでも見ていきましょう。(早く肌をよくしたいんだよという人は飛ばしてもらって結構です)

 納豆は米や大豆の栽培がある程度普及した弥生時代から存在していたといわれています。えっ? あんな危険そうなものをすんなり食べまくってたの?と思う人が大半かと思いますが、実は当時から人間は山芋を擦って、とろろみたいにして食べていたりしたそうなので糸を引く不思議な豆も抵抗なく食べれたのではないかといわれています。

納豆、生まれる

 さて、あんな不思議な食べ物、どんな経緯で生まれたのでしょうか?

 これには皆さんご存知竪穴式住居がポイントになっているようです。竪穴式住居には床に藁が引いてあることが大半だったそうです。藁は納豆を作るのに欠かせない納豆菌がとても住みやすい環境であるため当時の暮らしのすぐそばに納豆菌はいたということです。そして、もう一つのポイントは大豆が堅いということです。今でもそうですが、大豆を何も調理をせず食べるのは極めて困難です。そのため、基本的にはゆでていたのではないかと考えられています。お気づきですか?もう納豆ができますよね? 納豆はゆでた大豆を納豆菌のいる環境で発酵させることでできます。つまりたまたま食べ残したものが藁の上に落ちてできた可能性が高いということです。

 もう一つの説としては、平安時代後期、戦いが長引いたときに食料として馬の飼料として使っていた似た大豆を持って来いという命令が下り、農民たちが大豆を俵に入れたときにできてしまったとされる説です。

 どちらの説にせよ、よくあんなやばそうな見た目で糸を引くものを食べたなと思います。

 

納豆が肌に与える影響

 さて、本題に入りましょう。昔から「納豆食うひと色白美人」なんて言葉があるように納豆が肌にいいんじゃないの?というのは昔から多くの人が感じていたことだとわかります。ただ、実際どうなのか知っている人はそんなにいないかなと思います。今回は参考文献にある論文を簡単にまとめて皆さんにお伝えしていければと思います。

 納豆を普段食べていない人21名に納豆50gを1日1回9週間続けたという研究の結果を見ていくことにしましょう。

納豆を食べた人へのアンケート結果

 まずはアンケート結果です。試験何週間課ごとにアンケートを取ったみたいです。その中で改善されたものをまとめてみます。

試験2週間目

  • 肌のうるおい
  • 肌のすべすべ感
  • 毛穴の目立ち
  • 肌の調子

試験3週間目

  • 肌のうるおい
  • 肌のすべすべ感
  • 肌の調子
  • 肌のつや
  • 化粧のり

試験6週間目

  • 肌のうるおい (さらに良くなる)
  • 肌のすべすべ感
  • 肌の調子
  • 肌のつや
  • 化粧のり
  • 柔らかさ (さらに良くなる)
  • 油っぽさ
  • 髪のコシ

ざっとこんな感じです。どんどんと肌が改善されているのがわかるかと思います。

実際の肌の変化

 アンケートなので個人の主観に過ぎないですし、本当に?という人もいるかと思います。同研究で計測された肌に関係する数値変化を見ていきましょう。

  • 角質水分量 始める前の160%に
  • 皮膚の弾力性 始める前の110~120%に
  • 皮膚の柔軟性 始める前の110~120%に

この数字を見ても明らかに肌が改善されているとわかりますね。

なぜ肌がよくなるの?

 これには大豆に含まれる 大豆イソフラボン が関係しているのではないかと考えられます。皮膚の水分を保つ働きをするとされる女性ホルモンの一種「エストロゲン」と同じ作用を大豆イソフラボンが持っているということが報告されています。また、豆乳を塗ることで弾力が増すことも報告されています。さらに大豆イソフラボンを摂取するとシワが減少することも報告されています。これらの事実を考えるとおそらく大豆イソフラボンが大きな影響を及ぼしているのではないかと考えられます。

 肌だけに良いというわけではなく、大豆は腸を良くしたり、骨を強くしたり、様々な良い働きを持ちます。その結果、体全体が健康になり、肌もよくなるのかなとか思ったりします。実際、栄養価は極めて高いですからね。

 

参考

https://www.jstage.jst.go.jp/article/jbrewsocjapan1988/101/10/101_10_749/_pdf/-char/en

https://medical.nikkeibp.co.jp/inc/all/hotnews/archives/398264.html

https://www.kobayashi.co.jp/brand/inochinohaha/jyosei_h.html

http://www.mizkan.co.jp/chilled/mame/histry.html

 

おわりに

 さて、今日は納豆をお肌の関係について説明させてもらいました。日本で生まれた納豆、健康に良さそうなイメージはありましたが、こんなにちゃんと研究されているなんて思っていませんでした。そんなに高くもないですし、手軽に食べれるものなので毎日食べたいですね。ではでは∼